有効性とコストの面を重視した、既存の水処理プラントの高性能化リフォーム

老朽化の問題や新たな性能への期待など、現在の水処理施設は様々な問題を抱えています。
川本は、支障を起こすことなく、より高性能、そしてよりニーズを満たすプラントの補修、改造・拡張工事に臨んでいます。

綿密なスケジュールのもと、施工内容を決定

綿密なスケジュールのもと、施工内容を決定

  1. 施設の厳密な調査
  2. 既存の施設に新たな性能を付加したり、

    より適切な改善方法を提案

  3. 予算計画の作成

施工を行いながらも、安定運転を実現

施工を行いながらも、安定運転を実現

  1. 運転状況の調査
  2. 事前の協議
  3. 運転に支障を起こさないための実施工程計画の作成

低コストと高性能を両立する理想的な施工に応えます

低コストと高性能を両立する理想的な施工に応えます

当社では「性能を高める=施設の総入れ替え」という安易な発想ではなく、まず既存の施設の有効利用を含めコストも考えたうえで、高性能な施設の実現に向け、プラントの補修、改造、拡張工事を提案いたします。

低落差マイクロ水力発電システム ラクサー1000

ロゴ
落差式発電(400W~1kW)
落差:1~2m 流量:80~100L/s タービン径:20㎝

特徴
 ・1000㎜程度の低落差で高出力を発生
 ・1000rpmの高速タービンを実現する独自開発のインペラ
 ・最少水量で高出力用に最適化された流体設計

低落差マイクロ水力発電システム ラクサー1000

地球にやさしいクリーンエネルギー

  1. 1000㎜程度の低落差で高出力を発生
  2. 1000rpmの高速タービンを実現
  3. 独自開発のタービン
  4. 最少水量で高出力用に最適化された流体設計

低落差マイクロ水力発電システム ラクサー1000仕様

水エネルギーを電気に変換

    ■基本仕様
     定格出力 :700W
     定格回転数:850rpm
     大きさ  :W390 D470 H1720
     材質   :ステンレス他
     重量   :90kg(本体のみ)

低落差発電実証実験

  1. 岡山県鏡野町 大倉養魚場 実証実験
  2. 岡山県赤磐市 山陽浄化センター 実証実験